​活動内容等

・勉強会設置時には、メンバーによる設立趣旨の同意、会則の承認、代表幹事等の選任が行われ、下記事項について協議した。

1.この勉強会のホームページを作成し、このメンバー同士が地域を超えて、大規模災害時等における「緊急時の検査体制構築」に貢献可能であることなどを「水道事業体」等にアピールしていくこととした。

2.メンバー同士の具体的な打ち合わせ方法などについて、Web会議等の活用も話題になったが、セキュリティ等の問題もあり、各検査機関がそれぞれ情報収集し、再協議することとした。

​3.具体的な水質検査等の相互応援については、水道水質検査項目はもちろんのこと、計量証明事業関連等の検査項目についても、今後、各検査機関がそれぞれ情報収集・整理検討し再協議することとした。

 

■New■12月1日

 「災害時 水道水質検査相互援助に関する協定」を締結いたしました。

​協定を締結