水道法20条の登録検査機関は水質検査業務を通じて、その社会的な責任を果たすべく、常に技術研鑽、業務改善に取り組んでいかなければならない。

登録検査機関の現状は、一定の技術水準維持や緊急対応能力等が要求されている一方で、高価な検査機器整備や検査市場の過度の価格競争などがあり、厳しい経営環境下にある。

このような状況や局面に、一法人だけですべてに対応して行うことには無理があり、今後は登録検査機関の連携(ソフトアライアンス)が必要である。

​水道法における登録検査機関として様々な制約条件等もある中で、どのような形での連携や協力関係が構築できるのか、また、それぞれの検査機関のレベルアップが図れるのかなどを協議する場とするために、この勉強会を設置する。

​この勉強会は何のため、何をするのか…

© 2016 by suidouhou20jyoukoushinnetsubenkyoukai. Proudly created with 松浦環境事務所

  • Facebook App Icon
  • Twitter App Icon
  • Google+ App Icon